munebtn
ベルリン、サンダンスをはじめ、世界が絶賛!
17歳の少女たちが向き合う世界を鮮やかに活写した物語。
愛想がなく、友達も少ない17歳のオータム。予期せぬ妊娠をしたことで、いとこのスカイラーと共にペンシルベニアからニューヨークへ向かう。その旅の中で、彼女たちが常に向き合っている世界が浮き彫りになってゆく。女性であることで感じつづける痛み、女性であることを利用して生きていく機知、弱音を吐かない強がり、ただ寄り添うやさしさ、多くを語らずとも感じられる繋がり……。
少女ふたりの数日間を描いたロードムービーというミニマムな作りながら、どの国にも通じる、思春期の感情と、普遍的な問題をあぶり出し、ベルリン国際映画祭銀熊賞、サンダンス映画祭2020ネオリアリズム賞を獲得するなど世界中の映画賞を席巻! ロッテン・トマトでも99%(2021/4/22時点)の超高評価を得ている。大きな出来事が起きなくても、夢中で彼女たちの行方を見守る……現代を生きる我々の心に刺さる物語が誕生した。
主演のシドニー・フラニガンが全米で賞を総なめ!
バリー・ジェンキンスらが製作を強力バックアップ!
主人公オータムを演じるのは、新星シドニー・フラニガン。デビュー作であり、歌声も披露した本作の演技が喝采を浴び、全米の映画賞でブレイクスルー賞、女優賞を総なめにしている。スカイラー演じるタリア・ライダーもスティーブン・スピルバーグ監督作品『ウエスト・サイド・ストーリー』の出演が決定している注目株。また、エンディング曲を提供したシャロン・ヴァン・エッテンが、オータムの母役として出演しているのも見逃せない。俳優たちの素晴らしい演技により、本作に生き生きとしたリアリティが与えられた。
監督は本作が日本で劇場初公開となるエリザ・ヒットマン。前作「ブルックリンの片隅で」(17)でサンダンスの監督賞を受賞した新鋭監督だ。撮影はアニエス・ヴァルダ監督やヴィム・ヴェンダース監督との協働で知られるエレーヌ・ルヴァール。映画音楽を手掛けたのは、シンガーソングライターのジュリア・ホルター。そして、『ムーンライト』の監督・脚本のバリー・ジェンキンスとプロデューサーのアデル・ロマンスキーほか、強力なプロデューサーたちが製作に名を連ねている。
ペンシルベニア州に住むオータムは、愛想がなく、友達も少ない17歳の高校生。ある日、オータムは予期せず妊娠していたことを知る。ペンシルベニア州では未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。同じスーパーでアルバイトをしている、いとこであり唯一の親友スカイラーは、オータムの異変に気づき、ふたりで事態を解決するため、ニューヨークへ向かう……。
オータム/シドニー・フラニガン
Autumn/Sidney Flanigan
1998年10月19日、アメリカ、ニューヨーク州バッファロー生まれ。バッファロー芸能アカデミー高校で音楽を専攻、その後バッファロー州立大学で演技クラスを受講した。ヒットマン作品の編集を長年担当するスコット・カニンガムが彼女を発見し、本作で映画デビューを飾る。本作の演技により、数々の俳優賞を獲得。待機作として“Rounding”(アレックス・トンプソン監督)がある。シンガーソングライターとしても活躍し、Starjuiceというバンドのフロントマンでもある。労働者階級の町、人間関係、不安、ティーンエイジャーの怒りを表現する楽曲をアコースティック・ギターにのせて歌っている。
スカイラー/タリア・ライダー
Skylar/Talia Ryder
2002年8月16日、アメリカ、ニューヨーク州バッファロー生まれ。12歳でミュージカル「マチルダ」のホーテンシア役でブロードウェイに出演。また、15歳にしてミア・マイケルズ監督・振付による、ダンスによって社会正義を訴えた短編映画“Only we know”を製作した。21年はスティーブン・スピルバーグ監督『ウェスト・サイド・ストーリー』(12/10公開予定)に出演、ブロードウェイの常連やビッグ・スクリーンを飾った著名俳優と共に、ジェッツのコーラスを務めている。英国版VOGUEの「2021年ハリウッドの新時代をリードする6人の俳優」に選出されている。
ジャスパー/セオドア・ペレリン
Jasper/Théodore Pellerin
1997年6月13日、カナダ、ケベック州モントリオール生まれ。「エンドルフィン」(15/アンドレ・ターピン監督)、「僕のまわりの悪魔」(15/フィリップ・ルサージュ監督)、『たかが世界の終わり』(16/グザヴィエ・ドラン監督)に出演。2017年、“Never steady never still”(キャサリーン・ヘップバーン監督)により、トロント国際映画祭2017ライジング・スター賞を獲得。主な出演作に、『ある少年の告白』(18/ジョエル・エドガートン監督)、アカデミー賞®外国語映画賞カナダ代表となった主演作“Chien de garde”(18/ソフィー・デュプイ監督)、『インフィニティ』(18/ジェイソン・ストーン監督)、“My Salinger Year”(20/フィリップ・ファラドー監督)などがある。
オータムの義父/ライアン・エッゴールド
Autumn’s stepfather/Ryan Eggold
1984年8月10日、アメリカ、カリフォルニア州レイクウッド生まれ。2006年にTVドラマ“Related”で俳優デビューし、映画・TVドラマで幅広く活躍中。17年には『ウェディング・ゲスト』で脚本・監督を務めた。アカデミー賞®で最優秀作品賞を含む7部門にノミネートされた『ブラック・クランズマン』(18/スパイク・リー監督)にも出演。その他の出演作は『ラブストーリーズ コナーの涙』(13/ネッド・ベンソン監督)、『パパが遺した物語』(15/ガブリエレ・ムッチーノ監督)、『ラブソングに乾杯』(16/ソーヨン・キム監督)など。現在はヒットドラマ「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」(18~)で主人公のマックス・グッドウィン医師を演じている。
オータムの母/シャロン・ヴァン・エッテン
Autumn’s mother /Sharon Van Etten
1981年2月26日、アメリカ、ニュージャージー州ベルヴィル生まれ。ミュージシャン、女優など幅広く活躍している。2016年、Netflixオリジナルドラマ「The OA」で女優デビュー。シンガーソングライターとして、09年、“Because I was in Love”でデビュー。10年と15年に来日し、コンサートを開催している。19年1月に5枚目のフルアルバム“Remind me Tomorrow”をリリース。収録曲「Seventeen」はオバマ前大統領の19年のベストソングのほか、多くの雑誌でも19年ベストソングに挙げられ、ノラ・ジョーンズをフィーチャーした新録バージョンがAmazonで配信された。本作主題歌「Staring at a Mountain」を歌っている。
監督・脚本:エリザ・ヒットマン
Eliza Hittman
1979年、アメリカ、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。カリフォルニア芸術大学で美術学修士を取得。2013年、『愛のように感じた』(7月公開予定)を製作。サンダンス国際映画祭NEXT部門でプレミア上映され、ニューヨーク・タイムズ紙の批評欄で取り上げられた。17年に製作した「ブルックリンの片隅で」(Netflix配信)は、サンダンス国際映画祭ドラマ部門のコンペティションでプレミア上映され、監督賞を受賞。さらにゴッサム・インディペンデント映画賞でブレイクスルー俳優賞を受賞するなど各国の映画祭を賑わせた。本作が長編映画三作目、日本劇場初公開となる。
撮影:エレーヌ・ルヴァール
Helene Louvart
1964年、フランス出身。世界中で100を超える作品に携わってきた撮影監督。2009年、『アニエスの浜辺』(アニエス・ヴァルダ監督)でセザール賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。3Dドキュメンタリー 『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(11/ヴィム・ヴェンダース監督)では、アカデミー賞®最優秀長編ドキュメンタリー賞、英国アカデミー賞外国語作品賞にノミネートされた。その他撮影監督を務めた作品に『夏をゆく人々』(14/アリーチェ・ロルヴァケル監督)、『幸福なラザロ』(18/アリーチェ・ロルヴァケル監督)、『ペトラは静かに対峙する』(18/ハイメ・ロサレス監督)などがある。エリザ・ヒットマン監督の前作「ブルックリンの片隅で」(17)では、インディペンデント・スピリット賞最優秀撮影賞にノミネートされた。
衣装:オルガ・ミル
Olga Mill
エリザ・ヒットマン監督の前作「ブルックリンの片隅で」(17)に続き、本作の衣装も担当。近年では、第91回アカデミー賞®脚本賞ノミネート『魂のゆくえ』(17/ポール・シュレイダー監督)、『ヘレディタリー/継承』(18/アリ・アスター監督)、Netflix配信「タイガーテール -ある家族の記憶-」(20/アラン・ヤン監督)、“Breaking News in Yuba County”(21/テイト・テイラー監督)などがある。
音楽:ジュリア・ホルター
Julia Holter
1984年、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのシンガーソングライター。カリフォルニア芸術大学で作曲を学び、2011年に“Tragedy”でデビュー。15年“Have you in my wilderness”をリリースし、同年11月には初来日公演を行なった。映画音楽はこれまで“Own Worst Enemy”(12/マイケル・ジュド監督、ジェシカ・スター・ジュド監督)、『ビニー/信じる男』(16/ベン・ヤンガー監督)を手掛けてきた。
プロデューサー:アデル・ロマンスキー
Adele Romanski
1982年、アメリカ、フロリダ州生まれ。『アメリカン・スリープオーバー』(16/デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督)の製作を手掛け、ドーヴィル・アメリカ映画祭とサウス・バイ・サウスウェスト映画祭で審査員特別賞を受賞した。バリー・ジェンキンス監督『ムーンライト』(16)はアカデミー賞®で作品賞含む3部門、ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞。17年、バリー・ジェンキンス、サラ・マーフィー、マーク・セリアクと共同で映画製作会社パステルを設立した。
プロデューサー:サラ・マーフィー
Sara Murphy
『ミッチとコリン 友情のランド・ホー!』(14/アーロン・カッツ監督、マーサ・スティーヴンズ監督)を製作し、インディペンデント・スピリット賞ジョン・カサヴェテス賞を受賞。2016年、アマゾン・スタジオ・プロデューサーズ・アワードをアデル・ロマンスキーと共に受賞し、ヴァラエティ誌の「注目すべき製作者」の一人に挙げられた。その他、『ビール・ストリートの恋人たち』(18/バリー・ジェンキンス監督)、「ANIMA」(19/ポール・トーマス・アンダーソン監督/Netflixオリジナル短編映画)などの製作に携わっている。
製作総指揮:ローズ・ガーネット
Rose Garnett
2017年よりBBCフィルムズ(英国放送協会・映画製作部門)代表を務める。エリザ・ヒットマン監督作品に惚れ込み、本作に携わることとなった。近年では、第88回アカデミー賞®主演女優賞受賞『ルーム』(15/レニー・アブラハムソン監督)、第91回アカデミー賞®主演女優賞受賞『ジュディ 虹の彼方に』(19/ルパート・グルード監督)、サンダンス映画祭2020正式出品『サンドラの小さな家』(20/フィリダ・ロイド監督)、『アンモナイトの目覚め』(20/フランシス・リー監督)などに携わっている。


★★★★★
女性の友情をつぶさにとらえた完璧な肖像画。
力強く、深い感動を与えてくれる。
The Observer
語り継がれる映画だ。
RogerEbert.com
ノックアウト!
女同士の友情と連帯と勇気を描いた、感動的な作品。
The Hollywood Reporter
今こそ必要な並外れた映画。
Entertainment
絶妙!
静かなる圧倒的存在感。
LA Times
誠実さと強く結ばれた
友情の物語。
観るべき映画だ。
Wall Street Journal
斬新かつ過激な旅。
NY Times
傑出している!
The Telegragh
心と気持ちを変える
真の可能性を秘めている。
Vanityfair
宝石のような映画
Variety
驚異的!
Deadline
鮮明でリアル。見逃すな!
Heat